一人暮らしに折りたたみベッドおすすめ!メリットデメリットと選び方

折りたたみベッドの部屋ベッドの選び方

折りたたみベッドの部屋Roomclip

 

一人暮らし予定の方に、折りたたみベッドもおすすめ。

 

ワンルーム、1Kといった狭い部屋、狭いスペースに、ベッド候補として、折りたたみベッドも「あり」ですよね。

 

折りたたみベッドのイメージとしては、急な来客用の予備ベッド。

 

ですが、さまざまな用途に合った、折りたたみベッドも販売されています。

 

まずは、折りたたみベッドのメリットとデメリット、折りたたみベッドの選び方と使い方。

 

そして、一人暮らしにぴったりの折りたたみベッドもおすすめします。

 

折りたたみベッドのメリット11

折りたたみベッドのメリット11!

 

  1. スペースを確保できる
  2. キャスターで移動しやすい
  3. 折り畳めて掃除がしやすい
  4. 湿気を逃がせるベッド
  5. 室内で布団干しできる
  6. コンパクトに収納可能
  7. 引越しやすいベッド
  8. リーズナブルな価格帯
  9. リクライニングでソファ
  10. 組立不要で完成品が多い
  11. 設置スペースを選ばない

 

1.スペースを確保できる

狭い部屋では、ベッドは固定で、ほとんど、動かすことはしないでしょう。

 

その点、折りたたみベッドは、バタンと2つ折りに折りたためます。

 

少し厚みは、ありますが、コンパクトになり、どこにでも置けちゃいます。

 

すると、折りたたみベッドを置いていたところが、自由なスペースとして確保ができます。

 

ワンルーム、1kと言った間取りでは、ベッド面積分のスペースが空くことで、部屋を広々と使えたりします。

 

しかし、折りたたみベッドで寝起きしている方は、毎日、折りたたんで、スペースを開けるような使い方はしないはず。

 

たぶん、親御さんや友人たちが、遊びに来る時などに、折りたたんで、フリースぺースを有意義に使われると思います。

 

折りたたみベッドは、2つ折りに折りたためば、コンパクトにたためて、部屋の隅っ子にしまえることができます。

 

折りたたみベッド

 

2.キャスターで移動しやすい

折りたたみベッドのほとんどが、キャスター付き。

 

部屋の模様替えなど、キャスター付きなので、簡単に、ベッドを動かす事ができます。

 

また、予備ベッドとして折りたたみベッドを購入。親戚や友人等が、遊びに来た時、寝床の用意は、折りたたみベッドが、重宝します。

 

押入れやクローゼットに、しまってある折りたたみベッドを、サッと出してくれば、畳の部屋でも、フローリングの部屋でも、ベッドの用意ができます。

 

帰ったあとも、折りたたんで、また、押入れやクローゼットにしまっておくだけの手軽さです。

 

3.折り畳めて掃除がしやすい

ベッド下には、ホコリが溜まりやすく、ベッド周りは、寝具類で、綿ホコリぽい。

 

折りたたんで、キャスターで、別の場所へ移動させれば、ベッド下、ベッド周り、くまなく、掃除機がかけられます。

 

4.湿気を逃がせるベッド

折りたたみベッドは、脚付きベッド。脚付きのメリットは、ベッド下に、空間があることです。

 

この空間が、就寝中にかいた汗など、布団・マットレスに湿気としてこもるのを、逃がしてくれます。

 

さらに、床板がすのこ仕様の折りたたみベッドもあり、一人暮らしの方には、おすすめです。

 

オールシーズン、湿気を逃がしてくれることになり、清潔をキープしてくれ、快眠をサポートします。

 

すのこ仕様の折りたたみベッド

 

5.室内で布団干しできる

「布団が干せる」「布団をかけたまま~」など、素材・商品説明に記載がある折りたたみベッドも多いです。

 

その折りたたみベッドにもよりますが、敷き布団や掛け布団を、乗せたまま、折りたためます。

 

特に、一人暮らしの方には、勉強や仕事で、忙しい時には、中々、布団を干すことは、できないもの。

 

室内で、折りたたみベッドで、布団が干せるのは、助かります。外出中に、布団に、風通しができるからです。

 

雨風、花粉などの天候に左右されず、布団が室内干しは、便利です。

 

折りたたみすのこベッドロンタン-RONTAN-

 

6.コンパクトに収納可能

折りたたみベッドを、2つに折りたたむと、コンパクトになります。そのまま、部屋の隅にでも、縦でも、横にしても、しまっておけます。

 

急な来客用の折りたたみベッドとしてなら、折りたたんで、押入れやクローゼットなどに、しまっておけます。

 

折りたたみベッドを、使用する時も、コンパクトでかさばらず、ベッド配置のセットも簡単にできます。

 

7.引越しやすいベッド

特に、大学生や新社会人になっての一人暮らしでは、数年後には、就職して、転勤してなど、引越すかもしれません。

 

そんな時でも、折りたたみベッドは、2つに折りたためば、荷物として、引越し業者さんに運んでもらえます。

 

ベッドの引越しで心配なのが、大きなスプリングマットレス。その点でも、折りたたみベッドは、一体になっているので安心。

 

引越し後の住まいでは、広げれば、いつものベッドの出来上がり。折りたたみベッドは、転勤族にもおすすめです。

 

引越し

 

8.リーズナブルな価格帯

折りたたみベッドの種類にもよりますが、すのこ仕様の折りたたみベッドでは、約1万円台。

 

ウレタンマットレスの折りたたみベッド、ちょっと大きめのセミダブルサイズでも、約1万円台。

 

ヘッドボード付きの高反発マットレスの折りたたみベッドは、約2万円台。

 

電動リクライニング付きなど、機能が増すと、比例して価格も高くなります。

 

ですが、他のベッドと比べると、折りたたみベッドは、リーズナブルな価格帯です。

 

9.リクライニングでソファ

折りたたみベッドには、リクライニング機能付きも多く、好みの角度で、カウチスタイル、ソファ代わりにも使用できます。

 

ワンルームなどの一人暮らし部屋では、「ソファを置くには、ちょっと無理。」

 

という方でも、折りたたみベッドのリクライニング機能で、色んなスタイルにできます。

 

10.組立不要で完成品が多い

折りたたみベッドの種類にもよりますが、ほとんどが、組立の必要がなく、完成品で届けてくれます。

 

組立が必要な場合でも、付属の工具で、取っ手付け、脚付け、フレームを本体に付けるなど、簡単な組立です。

 

11.設置スペースを選ばない

例えば、ワンルームで、一人暮らし。初めは、部屋の奥に、横向きにベッドを配置してました。

 

でも、冬になり、ベランダ側で、寒いので、今度は、折りたたみベッドを縦に、壁にくっつけレイアウト。

 

固定のベッドでは、大層になりがちな作業もキャスター付きで、移動が楽々な折りたたみベッドなら、部屋のどこにでも配置できます。

 

折りたたみベッド

 

折りたたみベッドのデメリット5!

では、折りたたみベッドのデメリット5!

 

  1. 種類が少ないマットレス
  2. 耐久性の不安は否めない
  3. 似かよったデザイン
  4. 収納スペースが必要
  5. 夏場は暑いウレタンマット

 

1.種類が少ないマットレス

折りたたみベッドは、寝心地を左右するマットレスですが、種類が、少ない。

 

安価でよく見るのが、ウレタンマットレス。そして、高反発マットレス、低反発マットレスが、ほとんど。

 

高反発マットレスの方が、価格的には、高めです。

 

高反発マットレスは、価格は高めですが、復元力が高く、ヘタリにくく、理想の寝姿勢をキープしてくれます。

 

また、通気性によって温度変化にも強く、耐久性にも優れているので、寝心地を追求する方におすすめ。

 

低反発マットレスは、柔らかで、包み込まれる寝心地。

 

ですが、体重が重く大柄な方、腰痛気味、腰痛の方には、体が沈み込み過ぎるので、おすすめできません。

 

そういう方には、高反発マットレスがおすすめ、厚さもあり、硬めの寝心地で、しっかりと体を受け止めてもらいましょう。

 

普通の体格の方で、ベッドの出費を抑えたい方なら、高反発マットレスと比べると、価格帯が安い、低反発マットレスがおすすめ。

 

さらに、マットレスがない、折りたたみすのこベッドも通気性がよく人気。耐荷重100kgの頑丈設計、お布団も使えるので、おすすめです。

 

2.耐久性の不安は否めない

通常のベッドは、寝るだけのベッド。

 

でも、折りたたみベッドは、寝るだけではなく、折りたためて、取っ手付き、キャスター付で、移動できる機能付き。

 

その機能付きであるがゆえに、折りたたむ接合部分、取っ手やキャスター等の部位が、消耗しやすい。

 

急な来客用ベッドならば、使用する頻度も少ないなく、長く使えると思います。

 

一人暮らしで、朝には、折りたたみベッドを畳んで、夜には、折りたたみベッドを広げての繰り返し。

 

それならば、接合部分の使用頻度が多く、耐久性の不安は、否めません。が、ほどんどの折りたたみベッドの耐荷重、約90~100kgは、クリア。

 

すぐに、壊れるような心配はないと思います。

 

折りたたみすのこベッドロンタン-RONTAN-

 

3.似かよったデザイン

一般的なベッドでは、北欧デザイン、モダンや姫系など様々なデザイン、カラーも豊富で選べます。

 

その点では、折りたたみベッドは、似かよったデザインや形状で、フレームカラー、マットレスカラーや模様でも2~3種類。

 

サイズもシングル、セミダブル。大柄な男性で、ゆったりと寝たい方には、セミダブルがおすすめです。

 

4.収納スペースが必要

折りたたみベッドは、2つに折りたたんでコンパクトになりますが、それを、収納するスペースが必要です。

 

折りたたみベッドにもよりますが、すき間に、縦に収納する場合、中央に取っ手付きで、約50cmほど。

 

取っ手なしのフラットで、約30~35cmの幅が、必要。折りたたみベッド、横向きだと、壁に沿って置くので、どこにでも置けるはず。

 

5.夏場は暑いウレタンマット

ウレタンマットレスは、冬場はあたたかいですが、夏場は、暑い。ウレタンマットレスの折りたたみベッドは、品数も多いし、安価。

 

そこで、夏場のウレタンマットレスの折りたたみベッドを、快適に過ごすために、涼感・冷感などの寝具類を取り入れましょう。

 

敷きパッドもボックスシーツなど、取り外しも簡単です。

 

折りたたみベッドの選び方

折りたたみベッドの選び方としては、折りたたみベッドの「目的」です。

 

一人暮らしで、日々のベッドとして、使用する目的ならば、価格帯は高いですが、しっかりとした寝心地の高反発マットレス。

 

頑丈で、耐久性に優れたもの。布団など室内干しできたりと、使う方の希望を具体的に探しましょう。

 

また、急な来客の予備ベッドが、目的ならば、使用する頻度も少ないのならば、安価なウレタンマットレスの折りたたみベッドでもいいでしょう。

 

折りたたみベッドの選び方としては、他のベッドと同様に、前述通りに、誰のため、寝るためだけのベッドなのかなどの目的。

 

次に、ベッドを使用する方の希望を、より具体的に書き出して、探して、選ぶことです。

 

例えば、ベッド予算は、1万~2万円台。一人暮らしの男性用の折りたたみベッド。高反発マットレスのセミダブル。布団も干せると尚可。

 

比較・検討して、迷いがある場合には、さらに、情報収集。狙い目の折りたたみベッドのレビューなども参考になります。

 

どんなベッド選びでも、具体的であれば、あるほど、自分が求めているベッドをみつけて、選べるはずです。

 

折りたたみベッドの使い方

折りたたみベッドは、キャスター付きがほとんど。

 

キャスターで移動する場合、フローリングや畳などに、傷が付かないように、ゆっくりと、動かしましょう。

 

一人暮らし部屋で、同じスペースに、配置する場合には、フローリングや畳に、脚跡が付かないように、気をつけましょう。

 

ベッド下に、ラグやジョイントマットなどを敷くのも良いですが、ラグやジョイントマットの下に、ホコリが溜まりやすい。

 

ホコリに湿気がプラスされると、カビ発生の原因に・・・。折りたたみベッドも他のベッド同様、ベッドのある部屋の換気、掃除は、心がけましょう。

 

一人暮らしに折りたたみベッドおすすめ

一人暮らしにぴったりの折りたたみベッドをおすすめします。

 

折りたたみベッドのすのこタイプ、カバーが外せて洗えるタイプ、コンセント付きの宮棚付き、折りたたみソファベッド。

 

また、低反発マットレスと高反発マットレス、セミシングルのショート丈の折りたたみベッドです。

 

折りたたみベッド桐すのこタイプ

布団干せちゃう!桐すのこで優れた通気性、キャスターで移動も楽々。収納スペース等ベッド下有効活用可能、しっかり支える耐荷重300gの超~頑丈。リーズナブル価格も魅力的☆彡

 

折りたたみベッド 高反発マットレス

耐荷重500kg!の頑丈設計!組立不要で女性にも優しい折りたたみベッド。5段階リクライニングでお好みの角度で寛げる。高反発マットレスで寝心地抜群、ベッド下有効活用。

 

棚コンセント付折りたたみすのこベッド【Arche】アルシュ

棚コンセント付き折りたたみすのこベッド『Arche』アルシュ

棚コンセント付き折りたたみすのこベッド『Arche』アルシュ

桐すのこ折りたたみベッドで通気性抜群!便利な棚付き&2口コンセント付、頑丈すのこで布団が干せる。寝転んで、腰かけて、畳んでの3WAY。引越し・転勤族にもおすすめです。

折りたたみすのこベッド【Arche】アルシュ詳細

 

アイリスオーヤマ折りたたみベッド低反発マットレス

組立不要の完成品でお届け!ベッド下31cmでベッド下有効活用可能、柔らかな寝心地の低反発マットレス。脚を少し広げた状態でストッパーで留めれば、布団干しにも使えます。

 

アイリスオーヤマ 折りたたみソファベッド

完成品でお届け♪ 1台2役、ベッドもソファもコレ1台の折りたたみ2人掛けソファベッド。リクライニング機能付でくつろげる。布団かけたまま移動も楽々、頑丈な安心設計です!

 

アイリスオーヤマ折りたたみベッド高反発マットレス

マットレスの厚みは約10cm!硬すぎず柔らか過ぎず、跳ね返す力が強い高反発マットレスでしっかりと体を支えます。14段階のリクライニング付きでお好みの角度でくつろげます。

 

コンパクト折りたたみベッド【Mallow】マロウ

セミシングルのショート丈!超コンパクトな折りたたみベッドは省スペース。キャスター付で移動も楽々、柔らかな寝心地の低反発マットレス。女性、お子様におすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

折りたたみベッドの種類が少ないとデメリットで挙げてましたが、色んなタイプの折りたたみベッド、まだまだ、あります。

 

価格は、高めですが、電動リクライニングの折りたたみベッドもあります。

 

折りたたみベッドは、使用する方の使い方、無限大で、色んな可能性を秘めているように感じます。

 

おすすめベッド通販ショップ

ベッド通販 Bed Interiorおしゃれデザインベッドが豊富な品揃え。好みインテリアに合わせて、ベッドインテリアが、楽しめる♪心地いいベッドルームに、リラックス、癒されて快眠へと誘われます。激安・格安のお手頃プライスベッドも多数☆詳細はこちらから

タイトルとURLをコピーしました