大学生初めて一人暮らし部屋、ベッドの選び方と大学生おすすめベッド

女学生の卒業ベッドの選び方

女学生の卒業

 

来年には、初めての一人暮らし♪

 

フローリングのワンルームなどで、狭いながらも自分だけの城。

 

住いの手続きにかかるお金、毎月の家賃、一人用の家電や家具など、できるだけ出費は、抑えたい。

 

そこで、大学生、初めての一人暮らしに、ぴったりのベッドの選び方、大学生おすすめベッドを考えてみたいと思います。

 

大学生初めての一人暮らし部屋にベッドの選び方7つ!

 

  1. できるだけ安くゲット
  2. 部屋の広さに合うベッド
  3. 好みのデザインベッド
  4. 寝心地と使い勝手いい
  5. 収納スペースも欲しい
  6. メンテナンスしやすい
  7. ライフスタイルの変化
  8.  

    1.できるだけ安くゲット

    進学した大学生。

     

    親御さんの援助もあるでしょうが、バイトもして、少しでも、お金の負担を軽くしたい気持ちもあるでしょう。

     

    これから勉強に励み、大学3年生の3月頃には、情報の解禁が許されて、本格的な就活のはじまり。

     

    そして、大学4年生の6月には、採用選考のはじまりのようです。

     

    まだ、大学生になってもないのに、早い?いえいえ、大学3年生になるのも早いよ~。

     

    大学進学で、借りたワンルーム、卒業後の就職先によっては、引越す率も高い。

     

    そんな不安定な時期のベッド購入は、お金はあまりかけないで、できるだけ安く、身軽なベッドで良いかと思います。

     

    リーズナブルな価格、安いベッドならば、引越して部屋が変わり、買い替えするにも、罪悪感がない。

     

    新生活をはじめられる時期には、大学生・新社会人の一人暮らしする方、ターゲットの一万円前後の激安ベッドも販売されます。

     

    欲しいベッドスタイルもあるでしょうが、就職して、安定すれば、購入できます。

     

    この時期は、「安いベッド、これでいいのだ!」byバカボンのパパ

     

    安い

     

    2.部屋の広さに合うベッド

    初めての一人暮らし部屋は、ワンルーム・1K等の狭い間取りで、フローリングの洋室が、ほとんど。

     

    狭いのに、部屋の広さに合わない、大きなベッドでは、キツキツで、落ち着きません。

     

    大学生ならば、なおさら、勉強スペースも、確保したい。

     

    ベッドサイズは、6畳~7,5畳のワンルームでは、普通体型の男女では、シングルが、無難。

     

    大柄な体格の男子ならば、セミダブルも大丈夫。

     

    ベッドサイズは、小柄女子は、ショート丈のセミシングルで、ヘッドレスならば、さらにコンパクトです。

     

    布団ならば、起床時に、押入れにしまうと、フリースペースが登場。

     

    しかし、ベッドの場合は、一度、そこに設置すれば、固定。そう、再々に動かすことはない。

     

    一人暮らし部屋で、大きな家具となるベッドを、一番に配置してから、日々の動線を考えましょう。

     

    いるかショー

     

    3.好みのデザインベッド

    「安いベッド」と言っても、飾りっ気がないわけではありません。

     

    それなりに、さまざまなデザインベッドが、買えます。

     

    安さで定評のあるフロアベッドは、デザインも豊富。

     

    ベッドのフレームカラーでは、ウォールナットブラウン、ナチュラル、ダークブラウン、ブラック、ホワイトが、多い。

     

    木目調のウォールナットブラウンは、モダンな雰囲気に。

     

    明るい木目調のナチュラルでは、爽やかな北欧テイスト。

     

    ダークブラウンは、モダンで落ち着きのあります。

     

    ブラックは、重厚感があり高級感も漂わせます。

     

    ホワイトは、女性に人気カラー、ホワイトは様々な色合いがあり、表情が変わります。

     

    また、ブラックとホワイトは、モノトーンカラーでシンプルモダンに、おすすめ。

     

    このように、色合いとそのベッドの佇まいで、お好みのデザインベッドが、選べます。

     

    さらに、シンプルデザイン、シンプル形状ベッドもおすすめです。

     

    シーツ・ベッドカバーなどのリネン類の色合い、模様などで、自分好みのインテリアスタイルだって、楽しめます。

     

     

    4.寝心地と使い勝手いい

    ベッドの寝心地を、左右するは、マットレス。

     

    硬めでしっかりした寝心地のボンネルコイルマットレス、優れた体圧分散で、柔らかめの寝心地のポケットコイルマットレス。

     

    この2つの寝心地のマットレスセットから選べ、マットレス付きベッドで、2万円以下、3万円以下など、激安・格安ベッドが売れ筋で人気。

     

    フロアベッドは、箱型フレームで、マットレスを落し込むタイプなので、湿気によるカビが、心配されていました。

     

    しかし、ここ最近では、そのデメリットを改良。

     

    すのこ仕様の床板で、湿気を逃がし、通気性が備わったフロアベッドも多く、使い勝手がいいと言えます。

     

    また、頑丈設計のすのこベッド。

     

    棚付きではない、ヘッドレスすのこベッドは、狭いワンルームなどの部屋では、レイアウトに困りません。

     

    頑丈すのこなので、布団も使えます。

     

    今、手持ちの布団でも使用でき、使い勝手がいい、さらに、一万円前後で購入できるのもうれしい。

     

    読書する男性

     

    5.収納スペースも欲しい

    狭いワンルームなどのクローゼットでは、どうしても、納まりきらない荷物が、多い方もいるでしょう。

     

    そんな場合、収納家具を購入すると、お金も置くスペースも必要。

     

    そこで、おすすめなのが、ベッド下が、収納スペースの収納付きベッド。

     

    ベッド面積分の収納スぺースが、自動的に付いてきます。

     

    収納ベッドには、大量に収納できるタイプのベッド(跳ね上げ式収納ベッド・チェストベッド)

     

    普段着などがしまえるタイプのベッド(ベッド下引出し2杯ほどの引出し付き収納ベッド)

     

    衣装ケースなどの収納できるタイプのベッド(脚付きのすのこベッドなど、ベッド下有効活用)

     

    このように、「一度で二度おいしい」収納スペースが、欲しい方は、検討してみてはいかがでしょうか?

     

     

    6.メンテナンスしやすい

    すのこベッドは、すき間が空いているので、布団・マットレスにこもった湿気を逃がしてくれます。

     

    また、すのこ床板の上にマットレスを乗せるので、シーツ替え、定期的なマットレスメンテンスもしやすいと言えます。

     

    フロアベッドは、マットレスを箱型フレームに落とし込むので「フレームから引き出す」という作業が、加わります。

     

    ですが、これも習慣になれば、大丈夫。

     

    しかし、学校にバイトで明け暮れて、多忙な時には、ベッドのメンテナンスもしやすい方がいいですね。

     

    ベッドの床板に、マットレス上乗せのすのこベッド、ローベッド等がおすすめ。

     

    普段からできる事で、メンテナンスの負担を軽くする方法としては、マメな部屋の換気で、空気を循環させてあげること。

     

    また、掃除でホコリを溜めないことです。

     

    カビ発生の原因は、部屋の環境、生活環境も影響しますが、湿気とホコリが溜まるところ。

     

    なので、部屋の換気と掃除でも十分に、ベッド・マットレスメンテナンスの助けになります。

     

    7.ライフスタイルの変化

    前述のように、大学生から卒業、そのあとの多くは、就職。

     

    就活して、念願の就職できた会社に、通うには遠く、数年後には、引越しをしているかもしれません。

     

    特に、大学生は、ライフスタイルが、変化する可能性が、高い。

     

    数年後に、引越すかもしれないのなら、引越しやすい、身軽なベッドを買っておくこと。

     

    又は、できるだけ安いベッドにして、数年後、引越す時に、ベッドの消耗具合を見て、ベッドを買い替えること。

     

    前者ならば、引越し時に、バラして、荷物として引越し業者に依頼して、再び、自分で組立して、持ち運びに便利なベッド。

     

    まずは、引越しやすいベッドとしては、分割型の脚付きマットレスが、おすすめ。

     

    分割型ならば、ベッドが、半分にでき、脚を取り外せば、ベッド部分と脚を合わせ、荷物として、引越し業者に依頼できます。

     

    また、組立が簡単!パイプベッド、すのこベッド、部材の少ないフロアベッドもおすすめ。

     

    でも、ベッドフレームは、バラして荷物扱いとして、依頼できますが、問題は、大きなマットレス。

     

    スプリングマットレスでも、購入時には、圧縮梱包されて持ち運び便利ですが、使用後のマットレスは、シングルでも97cm×195cm。厚みもあります。

     

    別途費用が、かかるかもしれませんが、大きなマットレスは、引越し業者の方に頼みましょう。

     

    自分で運ぶ場合は、マットレスが、汚れないように気をつけること。

     

    一番の安上がりは、不要の毛布などでくるんで、ひもで縛って止めてる方法。

     

    次に、手間がかかりますが、包装する物(エアパッキン、大きなラップ)をホームセンターなどで、購入して包装する方法。

     

    包装後に、ガムテープなどでしっかりと止めて、持ちやすくするために紐などで、縛ると良いでしょう。

     

    引越し

     

    一般的に、予備ベッドとして扱われている、折りたたみベッド、ソファベッドも、考え方では、引越しやすいベッド?!

     

    折りたたみベッドは、折り畳めば、コンパクトになり、移動もラクラク。

     

    ソファベッドで、寝起きするのも問題はない。

     

    ですが、ベッドとしてのメンテナンスできず、寝心地、耐久性が、心配・・・。

     

    折りたたみベッド、起床後に、折り畳んでしまって、ソファベッドも起床後に、ソファに戻すと、フリースペースが確保できます。

     

    予備ベッドとして、たまに使うなら問題ないですが、毎日となると、折り畳んでいる接合部分の消耗して、不具合が生じるように思います。

     

    ソファベッドも、ベッドのままの状態ならメンテナンス以前。

     

    汚れたり、壊れたら処分って事になりそうな気がします。

     

    注意!安いニトリ・IKEAのベッド購入

    人気の大手家具店、ニトリ、IKEAでも、進学で大学生になって、一人暮らしをはじめる方向きに、激安・格安ベッドが、販売されます。

     

    大学生一人暮らしのベッドの選び方で、1.できるだけ安くゲットできるベッドのラインナップ、購入させる方も多い。

     

    ニトリ、IKEAの1万円前後のすのこベッド、パイプベッドは、大学を卒業、就職するために、引越しするかもしれない大学生には、ぴったり。

     

    しかし、リーズナブル価格には、安くできる理由があり、1万円前後のパイプベッド、すのこベッドは、品質に期待はできません。

     

    これは、人気の大手家具店に、限った事ではなく、家具店、ネット通販店であっても同じで、価格に見合った品質だからです。

     

    でも、安いベッドが、全部、品質が悪くて、壊れるって事も言えません。

     

    日当たりが悪い、湿気っぽいなど、部屋の環境。

     

    また、日常の掃除、換気の怠り、ベッドの使い方が、荒かったり、万年ベッドであったり。

     

    生活環境などによっても、ベッドに不具合が生じる可能性が、高くなります。

     

    不具合が、高くなる可能性の反対ならば、逆に、耐久性も良くなり、より長くベッドが使えるという事にもなります。

     

    安いベッドのほとんどが、アジアの諸外国で、大量生産で作られているベッド。

     

    それに対して、日本の国民性で、アジアの諸外国での大量生産と比較すると、日本製のベッドには、安心感があります。

     

    特に、IKEAのベッドの購入は気をつけましょう。

     

    まず、ベッド・マットレスのサイズが、若干、日本サイズとは、異なります。

     

    IKEAのベッドには、IKEAのマットレスを組み合わせるのが得策。

     

    自前のマットレスはあるから、IKEAの安いベッドフレームだけを購入。

     

    合わせてみると、短かったり、長かったりする可能性があります。

     

    IKEAのベッドフレームには、IKEAのマットレスを組み合わせるのが、正解!

     

    事前に、商品スペック等で、実寸と合うかどうかチェックしてからに購入しましょう。

     

    それと、引越す際に、引越し業者より、「IKEAの家具は、ありませんか?」と尋ねられる事があります。

     

    IKEAの家具を受けつけてくれない引越し業者は、多いからです。IKEAの家具は、お客様組立が、ほとんど。

     

    組み立てた家具をバラして、引越し先で、再度、組立る事で、バラす前の形に、組み立てられる補償が、できないからです。

     

    大学生一人暮らしおすすめベッド

    大学生の一人暮らし、おすすめベッドをご紹介!

     

    引越しやすいベッド、すのこベッド、すのこ仕様フロアベッド、一体型脚付きマットレス。

     

    ベッドと収納スペースの両方が手に入る!引出しタイプチェストベッド、コンパクトな跳ね上げ式収納ベッドです。

     

    ヘッドレス頑丈すのこベッド『NOTHUCO』ノツコ

    頑丈ヘッドレスすのこベッド 『NOTHUCO』ノツコ

    頑丈ヘッドレスすのこベッド 『NOTHUCO』ノツコ

    すっきり納まるヘッドレスすのこベッドで通気性抜群!高さ3段階調節でベッド下を収納スペース等で有効活用可能で頑丈設計。

    頑丈ヘッドレスすのこベッド【マットレス専用品】『NOTHUCO』ノツコ

    頑丈すのこベッド『NOTHUCO』ノツコ詳細

     

    棚コンセントすのこシンプルモダンローベッド

    おしゃれシンプルモダンのローベッド、すのこ床板で通気性抜群!マットレス上乗せでシーツ替え等も楽々♪頑丈すのこでマットレスは、もちろん、布団も使える。棚付き、2口コンセントとLED照明付、マットレスセット。

     

    圧縮タイプで搬入楽々♪一体型 脚付きマットレス

    圧縮梱包で搬入もラクラク!寝心地抜群の一体型脚付きマットレス。洗えるカバー付でいつでも清潔。伸縮性・吸湿性発散性に優れたニット生地が優しい。

     

    棚コンセント付すのこチェストベッドサルバト

    お布団でもマットレスでも使用可能。シンプルで通気性抜群なすのこ床板!スリム棚付き、2口コンセント付、引出し5杯と自由スペースでたっぷり収納。

     

    ショート丈跳ね上げ式収納ベッド【Vogel】フォーゲル

    超コンパクトショート丈シングル。跳ね上げ式で扉の開閉も楽々♪横開きで収納スペースが全部、見渡せたっぷり収納。スリム棚に2口コンセント付。組立設置サービスも選べる。

     

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

     

    大学生、新社会人となり、一人暮らしする部屋に、ベッド購入を検討される方も多いと思います。

     

    ベッドの選び方としては、できるだけ出費は抑えたい時期でもあり、リーズナブル価格で使い勝手がいいベッド。

     

    そして、数年後には、生活環境が変わり、引越しするかもしれない時期でもあるので、引越しやすいベッドがおすすめです。

     

    ベッドは、大きな買い物。寝心地が、悪いからと簡単に、買い替えできるものでは、ありません。

     

    じっくりと考慮して、ベッドは、選びましょう。

     

    おすすめベッド通販ショップ

    ベッド通販 Bed Interiorおしゃれデザインベッドが豊富な品揃え。好みインテリアに合わせて、ベッドインテリアが、楽しめる♪心地いいベッドルームに、リラックス、癒されて快眠へと誘われます。激安・格安のお手頃プライスベッドも多数☆詳細はこちらから

タイトルとURLをコピーしました